【Of courseとSure】違い・使い分けは大丈夫?ネイティブが自然に使うニュアンスを解説

「もちろん」の意味がある「Of course」や「Sure」ですが、その違いを知っていますか?日本語訳ではどちらも同じなので、なんとなく使い回している人も少なくないものです。

実は「Of course」や「Sure」は、しっかりとした違いがあり、文脈やシーンによって選ぶ内容が変わってくるんです。

この記事では、英語ネイティブが英会話でよく使う「Of course」や「Sure」の、意味やニュアンスの違いについて解説しましょう。

この記事の目次

「Of course」の正しい意味やニュアンス

英語の教科書で何度も登場する「Of course」。当然です、当たり前です」という意味や、「もちろん、大丈夫ですよ」と相手に許可する意味合いが含まれます。

オフ コース
Of course
「もちろん!」
※「当然の事実」や「相手に許可」するニュアンス

  • 「この映画知ってる?」と聞かれて、「もちろん!当然さ!」と答える時に使う。
  • 「あなたの消しゴム貸して?」と聞かれて、「もちろん!貸してあげるよ=許可」と答える時に使う。
もの知り博士のアイコン画像もの知り博士

ただし「Of course」は気をつけなければいけないシーンがあるんじゃ。失敗例を見てみよう

  • 上司から「仕事は順調かい?」と聞かれて、「もちろんです!(当たり前ですとも=当然)」と答えると嫌味に聞こえる。
  • 接客中お客さんに頼み事をされて「もちろんです!(私がやってあげますよ=許可)」と答えると、上から目線になってしまう。

このようなことから、闇雲に「Of course」を多用するのはNGなのです。ニュアンスを理解できれば、今すぐにでも正しく使い分けられますね!

迷える羊ちゃんのアイコン画像迷える羊ちゃん

「Of course」がNGになるケースの場合、どうやって「もちろん」って表現すればいいの?

もの知り博士のアイコン画像もの知り博士

そんな時に役に立つのが「Sure」なのだ!次の章で詳しい意味やニュアンスをみて行こう

「Sure」の意味やニュアンス

「Sure」も比較的馴染みのある単語ですね。依頼に対して「もちろんです!(快諾)」と返答したり、質問に関して「もちろん(確信しています・間違いありません)」と答える時に使われます。

ショー
Sure!

「もちろん!」
※「かしこまりました、いいですよ」や「確かに、確信している、間違いない」というニュアンス。

もの知り博士のアイコン画像もの知り博士

「Of course」でNGになるシチュエーションでは、代わりに「Sure」が使えるんじゃ

  • 上司から「仕事は順調かい?」と聞かれて、「もちろんです(間違いありません)」と答える。
  • 接客中お客さんに頼み事をされて「もちろんです(かしこまりました!と快諾)」と答える。
迷える羊ちゃんのアイコン画像迷える羊ちゃん

なるほど!日本語でよく使う「かしこまりました!」は「Sure」なんだね!

「Sure」を「シュアー」と発音してしまう人が多いのですが、実は間違い。ネイティブは「ショー」に近い発音をしますよ。

「Of course」と「Sure」のまとめ

迷える羊ちゃんのアイコン画像迷える羊ちゃん

当たり前じゃん!」って時には「Of course」なんだね〜!

もの知り博士のアイコン画像もの知り博士

快諾を意味する「かしこまりました」は「Sure」が正解じゃ!

「Of course」と「Sure」の違いをご紹介しました。同じ「もちろん」でも、ニュアンスが全く違うことが分かりましたね。これからは使うシチュエーションごとに「Of course」や「Sure」を上手に使い分けてみてくださいね!

2+

この記事を書いた人

現在はフリーランスにてドイツ滞在4年目を迎えます。以前にはオーストラリアにて2年働いた経歴も。英会話レッスンや翻訳・通訳業務も経験あり。日本語を話せないイギリス人の旦那と100%英語で生活中。「本当に使える英会話を楽しく学ぶ」をモットーに英語学習に役立つ情報をお届けします!

コメント

コメントする

CAPTCHA


この記事の目次
閉じる