「助かった~」って英語で言える?安心した気持ちを表現できるネイティブフレーズ

誰かに助けてもらった時、「ありがとう」だけでなく「助かったよ!」と言えるとより感謝の気持ちが伝わりますね。しかし、知っているようで意外と知らない「助かったよ」。あなたは英語で言えますか?今回は「助かったよ」を表現できるフレーズをご紹介します。

この記事の目次

What a relief.「助かった(安心した)」

ピンチの時に助けてもらい、安心した様子を表現できるのが「What a relief」。直訳すると「あぁ、ホッとした」という意味になります。

ゥワットァ ゥリィリーフ
What a relief
「安心した、ホッとしたよ」

発音する時は、「What a」を一緒にくっつけ「ゥワットァ」と言うと、よりネイティブらしい音になりますよ。

「What a relief」を使った例文

A:I can’t find my wallet. I thought I put it in my bag.
財布が見つからないんだ。カバンの中に入れたと思ったんだけど…
B:I saw your wallet in the kitchen!
キッチンで財布見たよ
AWhat a relief! Thank you!
助かった(安心した)よ!ありがとう!

You’re a lifesaver「助かった(命の恩人です)」

相手に助けてもらった時、「命の恩人です!」と伝えられるのが「You are a lifesaver」。なんだか大げさすぎる…?と思うかもしれませんが、あなたのおかげで本当に助かりました」を表現できるネイティブらしいフレーズです。

ユーアー ァ ライフセィバー
You’re a lifesaver
「命の恩人です」

「You are a lifesaver」を使った例文

A:Excuse me, you dropped your phone.
すみません、携帯落としましたよ。
B:Oh, thank you! You are a lifesaver!
あっ、ありがとうございます!助かりました(命の恩人です)!

It was very helpful.「とても助かりました」

相手のしてくれた行動に対して、とても助かりましたとお礼を伝えたい時に役に立つフレーズが「It was very helpful」。丁寧に感謝の気持ちを伝えたいにピッタリです。

イッ ワズ ヴェリィ ヘゥプフル
It was very helpful
「とても助かりました」

「It」は「助けてもらった事」を指し、「それはとても助かりました」と伝えられます。

「It was very helpful」を使った例文

A:I finished preparing documents, it is ready for the presentation.
資料作成が終わり、プレゼンの準備は整いました。
B:It was very helpful, thank you!
とても助かりました、ありがとうございます!

迷える羊ちゃんのアイコン画像迷える羊ちゃん

助けてもらった時「Thank you」しか言えなかったけど、これからは「助かった」も一緒に伝えられるよ!

もの知り博士のアイコン画像もの知り博士

ちょっとした一言じゃが、言えるようになる表現が増えるのは嬉しいものじゃ!

2+
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

現在はフリーランスにてドイツ滞在4年目を迎えます。以前にはオーストラリアにて2年働いた経歴も。英会話レッスンや翻訳・通訳業務も経験あり。日本語を話せないイギリス人の旦那と100%英語で生活中。「本当に使える英会話を楽しく学ぶ」をモットーに英語学習に役立つ情報をお届けします!

コメント

コメントする

CAPTCHA


この記事の目次
閉じる