英語で「おごるよ!」って何て言う?「Pay(支払う)」を使わずにおごれる大人フレーズ3選

楽しい時間を過ごせた時、「ありがとう」の気持ちも込めて「おごるよ!」と言い時もありますよね。しかし、「I will pay(私が支払います)」だと、なんだかストレートすぎる印象も。今回は、ダイレクトに「支払います」と言わなくても、おごりたい気持ちを表現できる英語フレーズをご紹介しましょう!

この記事の目次

It’s my treat!

「おごるよ!」を表現できるフレーズの1つが「It’s my treat」。相手に「ご馳走する」という意味合いが含まれるので、食べ物や飲み物をおごる時に使えます。丁寧な表現なので、大切な人におごってあげたい時にピッタリです。

イッツ マィ トゥリィート
It’s my treat.
「私のおごりです(ご馳走します)」

A:Can you try this new drink? It’s my treat!
 新しいドリンク試してみない?おごるからさ!
B:Really? Thank you!
 ホントに?ありがとう!

It’s on me!

カジュアルに「おごるよ」を表現できる便利なフレーズがこちら。食事や飲みなど、相手を誘う時にもネイティブがよく使っています。

イッツ オン ミー
It’s on me.
「おごるよ」

A:Do you want to go for lunch? It’s on me!
 ランチ行かない?おごるから!
B:Sure, I would love to!
 もちろん、喜んで!

Let me get this.

日本でもお会計時に、「私が払います」「いや、私が…」なんてやり取りがありますね。一通り飲み食いが終わり、最後のお会計時に「おごります」と伝えたい時に役立つのが「Let me get this」。「I will pay」よりも間接的に「私に支払わせて」と表現できる大人らしいフレーズです。

レッ ミー ゲリッ
Let me get it.
「私に支払わせて」

「get it」はひとまとめに「ゲリッ」と発音するのがポイント。よりネイティブらしい響きになりますよ!

A:Excuse me, can we have a bill?
(店員に向かって)お会計お願いします。
B:Wait, let me get it, please?
待って、私に払わせて?

迷える羊ちゃんのアイコン画像迷える羊ちゃん

「おごるよ」もシチュエーションによって使い分けができるんだね!

もの知り博士のアイコン画像もの知り博士

その通り。スマートに「おごるよ」が言えたら、大人としてカッコイイのぅ

1+
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

現在はフリーランスにてドイツ滞在4年目を迎えます。以前にはオーストラリアにて2年働いた経歴も。英会話レッスンや翻訳・通訳業務も経験あり。日本語を話せないイギリス人の旦那と100%英語で生活中。「本当に使える英会話を楽しく学ぶ」をモットーに英語学習に役立つ情報をお届けします!

コメント

コメントする

CAPTCHA


この記事の目次
閉じる