英語で「それ分かる~!」は何て言う?「分かった」「なるほど」など理解を示すフレーズを覚えよう!

英語で「分かりました」と表現するのに「I understand」や「I see」を使いまわしていませんか?いつも同じ返答ばかりではなんだか味気ないですね。今回は、友達との会話で役立つカジュアルな「わかった!」「なるほど!」「それ分かる〜!」をマスターしましょう。

この記事の目次

I got it! 「分かった!」

相手の言ったことを理解した時、「I understad」の代わりに「分かった!」とカジュアルに表現できる代表的なフレーズです。「I」を省いて「got it」だけで発音することも。

アィ ガリッ
I got it!
「分かった!」

「got it」をひとまとめに発音しつつ、最後の「It」のTの音が消えるのがポイント。さらりと一言で「got it(ガリッ)」と声に出してみましょう!

Make sense! 「なるほど!」

「I see」の代わりに「なるほど」と伝えたい時に役立つのが「Make sense」です。「Make sense」は「意味が分かる、理にかなっている」という意味。相手の言っていることを理解して「なるほど、意味が分かりました」という時に使えます。

メィク センス
Make sense!
「なるほど!」

逆に、否定系にすると「話のつじつまが合わず理解できません」と伝えられます。また、疑問文で使えば「ちゃんと理解した?」とも表現できます。一つのフレーズで否定文・疑問文まで覚えておければ効率も良いですよ。

Make senseのパターンを知っておこう!
  • Make sense!
    「なるほど!(分かりました)」
  • It does not make sense.
    「分かりません」
  • Does it make sense?
    「意味が分かりますか?」

ちなみに、英語圏では「Do you understand?(理解しましたか?)」はストレートすぎる表現なのであまり使われません。直接的でない「Does it make sense?(分かりますか?)」の方が日常生活で好まれる傾向にあります。

I know, right? 「それ分かる〜!」

友達との間で話が盛り上がって、それそれ!マジ分かる〜!」と、相手にすごく共感したことを伝えたい時に役立つフレーズがこちらです。

アィノゥ, ゥラィ?↗️
I know, right?
「それ分かる〜!」

Rightを「ライト」と発音すると光を表す「Light」になってしまいます。「Right」をネイティブらしく発音するには、口を「う」の形にしてから「ゥラィ」と言ってみましょう。Rightの最後の「t」は、無理に発音しなくても大丈夫。「ゥラィ」と言いながら、語尾を上げて発音するだけでで十分通じますよ!

英語で「分かる」は「I understand」「I see」だけじゃない!

使えるフレーズが少ないと、いつも同じ言い回しばかりになってしまいますよね。特に、会話中で相手を理解したことを表現するフレーズは、たくさん知っておいて損はありません。今回ご紹介したフレーズはSNSなどのチャットでも活用できるので、実践しながら自分のものにしていってくださいね!

迷える羊ちゃんのアイコン画像迷える羊ちゃん

どれも簡単なフレーズばかりで安心したよ〜!

もの知り博士のアイコン画像もの知り博士

新しい言い回しはどんどん覚えて実践あるのみ!がんばれ、羊ちゃん〜!

1+
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

現在はフリーランスにてドイツ滞在4年目を迎えます。以前にはオーストラリアにて2年働いた経歴も。英会話レッスンや翻訳・通訳業務も経験あり。日本語を話せないイギリス人の旦那と100%英語で生活中。「本当に使える英会話を楽しく学ぶ」をモットーに英語学習に役立つ情報をお届けします!

コメント

コメントする

CAPTCHA


この記事の目次
閉じる